人事が嫌われる理由

10年間、大企業で人事の仕事していました

コピペ釣り針らしいですが、当方の「だいたいどこの会社も人事に一番使えない奴が溜まる」にスター付まくってるところをみると一般的に嫌われ部署のようです。

ニュー速ですが大企業でカス社員が集まりやすい部署といえば?をカウントしてみると、

  • 人事:249
  • 総務:90
  • 営業:59
  • 品管+品証:32

と圧倒的でした。転職2回の小生の独断と偏見は以下のとおり。いや直近の転職活動時にそこそこの上場企業で未だに糞みたいな採用担当がいて仰け反りました。現場の面接担当陣は超マトモでしたが。気分わるいので詳細は割愛。

  • 実際は人事権持ってないのにいちいちエラそう。
  • 組合と癒着。この場合、春闘も当然出来レースなのでストなど発生せず。ただしオーナー企業ではない場合は労使妥当な線で折り合うので案外楽かも。
  • 新卒で人事に配属される人が少なく、他部門でバツがついて異動して来たような人間が多い。これは同じく理系の嫌われ間接部門の品管に若干かぶる。
  • 超絶わかりにくい人事評価システム(コンピテンシー評価)を構築。自分たちには緩いのでさっさと管理職になる。ただし取締役級まで行くのは稀。
  • 学生諸君は信じられないだろうけれど、給与計算を平気で間違う。自分たちで給与計算のルールを作ってるくせに!

会社の顔なので大切な部署だと思う反面、人事の印象が入社の決定打になることは全くないので、難儀な仕事だよね。